FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rスペシャルクインテット

3月20日(木) Rスペシャルジャズライブ
「Rスペシャルクインテット」のおしらせ

フロントのサックスプレイヤー、中村・山崎両氏は
冴場の大学ジャズ研時代からの旧友ということで
急遽、特別に結成されたクインテッド in R

今回このSaxの2人を中心に東海地区を中心に活躍する中堅、
ベテランミュージシャンがリズムセクションをつとめることに♪

ゲストとして華を添えるなんちゃってボーカル(?)冴場 麗は、
Rのオーナーにしてミストレス。
またそこに 歌姫 こじましほ を友情出演で迎える。


旧友との再会、そしてジャズ演奏をSMバーでというシチュエーションが
どのような化学反応を生み出すか!?
非常に楽しみなライブになること間違いなし!

ひとまず、SMバー史上でもジャズ史上でも最初で最後になるであろう
ジャズライブ in Rの宵に酔いしれてみなさい★な★



■=====================================
□■ 3月20日(木) 19時開場/20時開演
■□■ 【R スペシャル ジャズ ライヴ】
□■□■===============================

Rにて最初にして最後のジャズライブ開催!

(※SMプレイやショウはありません)

ライブチャージ3500円(テーブルチャージ込)
ドリンク別途 各種1000円(1drink)

[Rスペシャル ジャズクインッテット]
member:
山崎真(sax)
中村智由(sax)
砂掛康浩(guitar)
福田義明(bass)
柴田英貴(ds)
guest:
こじましほ。(vo)
冴場麗(vo)


~ミュージシャン紹介~

yamazaki.jpg
山﨑 真 (Sax)

富山県富山市出身。中学時代からサックスを始める。
大学在学中より名古屋市内のライブハウスでセミプロとして活動を始め、
卒業後は、プロのサックスプレイヤーとなり現在に至る。        
「C.U.G.ジャズオーケストラ」のメンバーとしてデビューアルバムに参加。
全国各地のジャズフェスティバルに出演、コンサートやライブなど精力的に活動する。
現在は自己のバンドの他に「トンバサ」「コスモノア」「CAPE」などのバンドで活動している。
2003年秋に発売された自身が参加するフュージョンバンド「コスモノア」のCD(コスモポリス)
も好評を博している。
ジャズ以外の音楽分野でもNHK名古屋放送局ニューサウンズオーケストラのメンバーとして
NHKラジオ「昼の散歩道」に出演し、坂本冬美、天童よしみ、堀内孝雄など数多くの歌手の
バックを務めるなど、多忙な日々を送る売れっ子ミュージシャンである。
【参加アルバム】
『Continued in the Under Grounnd JAZZ ORCHESTRA 001』 『COSMO NOAH/ COSMOPOLIS』
『ULTRAPPA/Tsutomu Watanabe』『Songs For Lovers / Lei Okazawa』
『水色のサク / なかの みるお』『明日への伝言/なかの みるお』『FROM A DISTANCE /Hiroki Miura』
『僕は今にも倒れてしまいそうだ / 方月 今日人』『立ち去りがたきこの場所/郊外電車』
『RAIN FOREST/gad gad rhythm secsion』 その他、歌謡曲、CM曲 多数録音



nakamura.jpg
中村智由(Sax)

大学卒業後よりプロとして演奏活動を開始。
ダンスホールやストリートでの活動を経て、1999年に自身のリーダーバンド"native"を結成。
国内では、現在までにnativeとしてオリジナルアルバム9作を発表。

国内の活動に留まらず
2006年 ドイツフランクフルトでの公演
2007年 ドイツ"infracom"レーベルより、Nicola Conteによるリミックスを含む
フルアルバムをワールドリリース
2007年、2008年 台湾での公演
2010年 イギリス"arision"レーベルより2度目のワールドリリース
2013年 中国南京国際ジャズフェスティバルへの出演し、ワールドワイドに活動を展開
2013年には、初の自己名義のアルバム"Sense og the Cool"をリリース


sakake.jpg
砂掛康浩(Guitar)

15歳でギターを始め、18歳で単身渡米。
ハリウッドにあるミュージシャン養成校MI(Musicians Institute)で2年間本格的に
音楽を学ぶ。在校中、Joe Diorio Scott Henderson Ross Bolton Jeff Richman に師事。
卒業後現地でのセッション活動を始める。
3年間に渡るアメリカ修行を終え帰国。
帰国後日本でのセッション活動を開始。
JAZZを中心に、FUNK BLUES R&B BOSSA NOVA POPS HIP HOP REGGAE 等、多種多様な
ジャンルでの、ライブ、ツアー、レコーディングで活躍し高い評価を得ている。
プレイだけにとどまらず、作曲、アレンジメントでもその才能を発揮し高い評価を得ている。
セッション活動とともに、自己のバンドSakake Brothers with the Band(SBB)を兄でドラマーの
砂掛裕史朗とともに立ち上げ現在3枚のアルバムをリリース。
JAZZLIFE remix ADLIB等、音楽情報誌に大きく取り上げられ注目を集めている。
JAZZLIFEでは年間リコメンデイションアルバムに選出されている。

SBB以外にも積極的に自己のプロジェクトを立ち上げるなど、セッション活動とともに
精力的に活動している。



fukuda.jpg
福田義明(bass)

高校卒業後愛知学院大学Singing ALL Stars入団。ベースを始める。
4年間のうち全国優勝2回、キングレコードからレコード発売、モントルージャズ
フェスティバル出演など。
1984年津野義彦クインテットでプロデビュー。世良譲トリオも。
その後名古屋でジャズインナゴヤビックバンドのベースなど、様々なライブ、ショー、
クラブにて録音を。ヤマハPMS講師、ビジュアルアーツ講師も務める。
現在もさまざまな現場で活躍中。



shibata.jpg
柴田英貴(Drums&Percussion)

1985年 山下久美子のツアーがプロデビューと成る。
ツアー中、布袋寅泰、吉川晃司と共演1986年『flip flop & fly』の
レコードに参加する。また、ジャズボーカルのマリ
ーンと多くのジャズフェスティバル
に出演した。他に立花理沙、村上里佳子、来生たかお、小林武、ケイコリー、寺井尚子
向井滋春、横山達治、八木のぶお、などと共演。
現在は、童歌ユニット『のきりこ』、ジャズトリオ『USO』、ラテンジャズバンド『トンバサ』
でライブ活動、ブルーノートやホテルのウェディング、太平洋フェリーにも出演。
後進の育英のためドラムスクールも展開中。

コメントの投稿

非公開コメント

過去のStaff Diary (-2009/12)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。